忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 ギター
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動作詞、作曲。
YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。
2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 

KAAT マハゴニー市の興亡

GROUP THEATER kamakaji
ハツカネズミと人間

映画 シンゴジラ

2018
テレビ朝日 相棒 元旦スペシャル「サクラ」

4/1 ボウガス LIVE@新宿motion
[368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360]
朗読劇「ベアトリーチェチェンチ」無事終了しました。
ありがとうございました!

この作品は2ヶ月くらい前から始まっていて、途中僕は「ヘッダガブラー」があって、ちょうどその時
演出家の田尾下さんは名古屋で「蝶々婦人」を公演されていたので
僕はヘッダに集中出来ましたし、でもグイドレーニという人がしゃべる台詞の量はハンパなく
毎日寝る前には必ず暗記すると言う事をずっとやってきました。
真夏のなかなか寝付けない日々でした。(笑)

。。。。
実は東京公演の前日、ある作家の人と映画監督が対談しているテレビを見たんです。

そこで作家の方は、実際に亡くされた息子さんがいて、その「いたこ」になったつもりで小説を書こうと思った。と言っていて、(自分がカラッポになったつもりで、彼が生きていたらこう話したんではないか?とかそういう事を書きたかったと。)でも、書き始めた頃は彼が亡くなったばかりで、書けば書く程、息子さんの言葉ではなく「自分の物語になってしまうんだ」というような事を仰っていました。

それで、「事実」とはなんなんだろう?と。

自分にとって起きた事実が本当に起きた「真実」なのか?
もしくは、亡くなった彼に起った事が事実「真実」なのか?

グイドレーニという人もまさにそこに悩んでいる。
(レーニの場合はちょっとややこしく、そこに自分で豪奢な虚構を造り上げていますが。。)

僕は最近、描く事や、文字を書いたり、インタビューする事なんかも、すべて「エネルギーを交換する」事だと思うんです。

だから、死に直面した作品を作れば元気な人でも、その死の深淵を否応なくのぞかされ一時死に近づいてしまう。

それを交換してギリギリで作品をつくる。
作らざるおえないんですよね。

だからそれを引きづり、また作品を作る

。。。今回そんな人の「さが」を演じる事が出来たのは本当に幸せでした。

事実を紡いで、真実を探す事。

後悔と忘却に戸惑い、自分で記憶を抱きしめている事。。

本当に辛い事ではあると思うけど、本当に人間らしいですよね。


最後のシーン、ベアトリーチェと牢獄でレーニが会うシーン。

初めて稽古で演じた時。全身から汗が噴き出して来て
「あ、こういう事はあったんだ」って直感で思ったんです。

死刑前の人間に出会う事が今迄どう言った事か僕は分からなかったんですが、
やってみてこういう事が今迄世界のどこかであったんだな。って思ったんです。

役者という職業もまた「いたこ」みたいなものなのかも知れないですね。

演じていると、ふと、自分ではない他人になったような気がする時があって、そう言う時は大概物語が紡げている気がする。

これは、いつもではないんですが。。


ま、とにかく!

僕は何か一歩進んだ気がしました。

また来年5月。今度は豊橋の劇場でスタジオ公演が決まりましたから!
朗読の本を外して、さらに深い人間模様をお楽しみにしていて下さい。

東京公演もただいま模索中との事。

作品が大きくなって振り落とされないようにしないと!

どうも、ありがとうございました。



岸田研二




























PR
Calendar
03 2018/04 05
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者ブログ [PR]