忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 殺陣 ダンス
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373]
季節はすっかり秋ですね。

今年は例年に比べ、急に秋の波に飲み込まれましたね。

毎年思うんですが、今年は、秋が来ない!冬が来ない!なんて時はいまだないんですから(そんな時が来るかも知れませんが。。)夏に、酷暑!暑い!ひどい!くさい!嫌い!みたいな騒ぎ方しないでも良いんじゃないのかなって。

ニュースでも「こんにちは。あ〜〜しかし、暑いですね。ま、夏ですからね。これはもう全国民で受け入れて、楽しみましょう。」
みたいな言い方すれば、ちょっとだけでも楽になるんじゃないのかな?と思うんだよね。

どんなキツい状況でも、感謝して楽しむか、非難して辛くなるか、は自分の捉え方なんだと思うな。本当に。

ま、久しぶりにそんな事思った。

現在はですね、僕は色んな事が準備期間になっていまして、ある意味淡々と日々を過ごしています。でも、本当に色々準備していて、ようやく僕にもこの季節が訪れたのかな?と思っています。

と言っても、政治家になる訳ではないので、役者としての準備ですね。

明日も、昔からの知人の演出家と女優と3人で脚本の読み合わせをするんです。

イギリスの現代の話でね。

犯罪に手を染めた男性の過去が、いきなり現れた女性によって、暴かれるというか、裁きにあううというか。そういう作品なんですが。。

すごく興味深い。

僕も、もちろんそうだけど、人は傷付けられた相手に(知人でなくても、街でぶつかった人とかね)自分の見える所で「バチ」があたって欲しいと思っている。と、思う。

私を傷つけた罪を償ってほしい。と思っている。

でも、果たして相手に「バチ」を与える事が本当に私の幸せになるのか?
傷つけた人にこちらからフォーカスし続ける事は、自分の幸せにはならない事は明白なんだけど、じゃあ、傷つけれらた人はそのまま泣き寝入りなのか?

それでは、こちらの気は修まらない。



という。
この連鎖。

あくまで、私が関知しない外国で、私が知らない作家の方が書かれた話が、色んな偶然を通して私の手元に来て下さり、自分の人生と重なって胸がチクチクする。

俳優という仕事が今まで以上におもしろいと思う今日です。





































PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ [PR]