忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 殺陣 ダンス
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449] [448]



久しぶりに描いた。
水彩画。

今、演技の授業を受けていて、その中で絵を描く事になりまして。
でも、それは、
さぁ〜俳優としての感性を育てましょう!
とか、ひまわりのように満面の笑みで生きていく為に!!
、、とか、そんなんじゃなくて。。

あるシーンを自分で創作して自分で演じる為に、ひまわりが必要で描いたんです。

絵の素材はウェブから拝借したんですが、
結構、、時間かけて描いたんで乾かすのとか大変で。。

でも、描いてみるとやっぱり血肉が通うといいますか、いいんですよね。

小道具として。

例えばこれをシーンで使って、、目の前で破かれたりとかすると、、それはすごく〜嫌だったり。そういう、「生」の気持ちを、借り物だらけの芝居の中で経験する事が出来るというか。。

そういう気持ちって、誰かが用意してくれたもので思おう、思おう!って自分を追い込んでもなかなか思えなかったり、で、、なーんか嘘になったり。
ま、、、演技自体が嘘なんだけど。笑

でも、やっぱり自分で作ったものは、、当たり前ですが愛おしくなるんだよね。

それを持ち込む事で、生活の感覚を舞台で再認識するといいますか、、で、そこに起きた肉体の感覚みたいなものを、しっかり記憶しておくと、感情に頼らないで芝居出来るというか。


これが当たり前の事なんだけど、最近ちょっと麻痺してて、気づかなくなってる自分もいて。


でも、その再発見をした事に、絵を描いた苦労も浮かばれたってもんですよ!!

ま、難しい演技論とかは、
ぼくはわかりませんが。

、、絵を描くっていいな。

描いてる時間は、なんか瞑想に近い。
勝手に恍惚として、
勝手に完結してる自分がいる。

まさに、自分との対話の時間だね。

そんな時間大切。




追伸。
昨日スタジオ入って、なんと言いますか、高校生に戻りたくて、、ラモーンズカバーしたんだけど、
それも、まー、恍惚としました。。


だって、シーナはパンクロッカーなんだから!


なんのこっちゃっ!




























PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ [PR]