忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 殺陣 ダンス
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449] [448] [447]
僕、ここ10年。
俳優をやってまして。
最近と言うか、ここ数年、、何本もオーディションを受けています。

オーディションって、本当にいろんなタイプのものがあって、、監督やプロデューサーの方々の前で台詞を覚えて演技するものから、アドリブでなんかやったり、、はたまた、ゼッケンつけて踊らされたり
。。

いやーなかなかメンタルが強くないと続けられない仕事といいますか、、、
オーディションの途中で、俺は一体何をやってんだ!?。。みたいな感覚になったり、
でも、、、それが意外によかったり!

。。
先日も、演技の後に、好きな曲歌って下さいと言うのがあって、カラオケとか何だとか何の指示もないから、どうやって審査するのかな?と、思ったら、アカペラで。。
いきなり歌って下さい!どうぞ!と来たもんだから、5名位の同年代のおじさん達が一緒に審査受けてたんだけど、みんな其々に、僕、岡村靖幸歌います!とか、僕、ルパン(!)歌います!とか、、

一人づつ椅子を立って歌い出すんだけど、居並ぶ監督とかプロデューサーとか、そりゃみなさん初対面だから、
もう、歌う声が震えてて、それでもみんな一緒懸命歌うんですよ。
なんか、その状況がとってもおもしろくて。

なんと言うか、恥とか見栄とか外聞とかさ、もう、「まな板の鯉達」には関係ないのさ。
やるか、、やらないか。

本当、それだけ。

それがなんか、、こう、滑稽なんだけど、
エネルギーあって、本当にギリギリの人間見てる感じでおもしろくてね。
映画より映画みたいな瞬間。。

。。
さて、俺の番が来まして、俺はこざかしくもギター持ち込んでいたので、ギター使っていいですか?と聞いたら、いいよ!って言われたんで、、ギターで負けじと思いっきり歌ったんですよ。

もう、なんと言うか、やけくその歌。

パンクのようなスタンドバイミー。

でもね、歌ってたら、なんかすんごい気持ちよくなって、、なんか、言葉に出来ないんだけど、涙が出そうで。。

ま、、そのオーディション結果、落ちましたが。。笑

本当におもしろかったな。

昔、バンドしてた頃なんか、そういうオーディションとか、けっ!ペッ!こちとらオリジナルじゃい!とか思ってたもんなぁ

環境が変わって、歳も取ってきて感じ方が変わってきたのかしらん。。


でもね、誰が何と言おうが、その時の自分は歌う事が気持ちよかったんだよね。


それだけは譲れないな!

なんか、、そんなのもあって僕、久しぶりに曲を書いてるんですよ。


すごいいい曲だと思うだよなぁ。


時間あったら今度聞いて下さい。


では。






































PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ [PR]