忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 殺陣 ダンス
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405]
先日、世田谷パブリックシアターにてルパージュを観劇。
http://setagaya-pt.jp/performances/20150714-2661.html



ジャンコクトーとマイルスデイビスなんて、知ってる!と言ったら殴られそうなぐらい少ししか知らないんだけど、。
40代の「男子」にはそそられる。
燻した銀色のスター達だ。

この作品、ずっと観に行きたいと思っていた。

針。
身体を治癒する鍼灸の針、アヘンを身体に打ち込む崩壊の針。そんなモノローグから物語りは始まる。

生への回帰か、死への覚醒か。。

舞台は中空に設置された、3面だけの箱。

それがグルグル回り始めると、様々な景色が映されて、天になり地になり、街になり、窓になり、いや、、カオス。少し酔ってしまう。

その中だけで演じる、2人の俳優、コクトーとマイルス。

始まりも終わりも
映し出された銀河が突き抜けて。
とてつもなく、美しい。

彼らが創り出した作品、人生、愛と宇宙。

なんだかジーンとしてしまった。

2回目のカーテンコールで、スタッフとして参加していた、高校の同級生〔ムーチョ村松〕が、ダンボールのお面被って出てきた。

会場、失笑。

ものすごく現実に戻された瞬間だった。笑





PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ [PR]