忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 ギター
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動作詞、作曲。
YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。
2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 

KAAT マハゴニー市の興亡

GROUP THEATER kamakaji
ハツカネズミと人間

映画 シンゴジラ

2018
テレビ朝日 相棒 元旦スペシャル「サクラ」

4/1 ボウガス LIVE@新宿motion
[483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [475] [474] [473] [472]


3年振りでしょうか?
再び日本舞踊を始めました。

本当に寛大なる先生で、僕は以前よりずっとお世話になっていたのですが、、段々と間隔が開いてしまい。それで、なんとなく3年経ってしまい。。

そんな私でも快く受け入れて、再び教えていただくことになったのです。

時代はどんどん高速回転して行き、、瞬間で結果とか効果が求められる世の中で、俳優のテンポとか間もどんどん高速化している気がするんです。

ま、生活がね、そうなってしまうから。

10年ほどまえですか?
惑星という、バンドやってた時、アルバムのプロデューサーのex一風堂、土屋昌巳さんが、よく「コクミ、コク味がないんだよね。さらっとしすぎてると面白くないんだ。コク味を出さないと。」と言っていて、、なんか、最近その言葉をフッと思い出しました。

そう、俳優における、芝居におけるコクって何なのかな?って考えると、やっぱり、間なのかな?

これ、演出家の串田さんも言ってましたが。
空間、時間、間に合わない、間髪入れずとか。
日本語には本当に間に関する言葉が多いのに、
この間を持ってる人がどんどん少なくなってるような気がしています。

僕の実感も含めて。

間抜けっていうと、テンポの遅い人のイメージだけど、今は反対の意味で間が抜けてる人が多い気がします。

高速回転して止まらない、止められないというか。

息継ぎ無しでガーって、喋る人とかよくいるもんね。で、人の話が入る間がない。

んーこれは。
間を身につける。

間がないと幸せも感じにくいんではないでしょうか?だってドミノが倒れるように物事が進んでも、、、ねぇ、息がつまるもんね。


俳優として、生活者として、間を身につけなきゃならない。
日本舞踊をもう一回やらなくちゃ!って、直感が叫びました。

日舞って、口伝なんです。

口で伝わっていく芸なので、、基本は鏡が見られない。ダンスとかだと鏡を見て、自分で形を直せるけど、日本舞踊は口伝。

何回も間違って、直されて、間違って、直されて、身体に踊りを覚えさせる。

もちろん、1.2.3.4というビートがないので、タイミングも三味線の音色と唄できっかけをつかまなくちゃならない。

もうね、すべてが時間かかるし、
間の芸術なんです。

だから、稽古も地味ですし大変です。

踊り始めて、間もなく。
早速内転筋が、、プルプル。。

でもね、なんか、じわっ〜と。

心地よい脳と体の疲労感が、
幸せなんだなぁ。



なんか、パーマ、、跳ねてますけど。。

がんばろ。





















PR
Calendar
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]