忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 ギター
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動作詞、作曲。
YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。
2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 

KAAT マハゴニー市の興亡

GROUP THEATER kamakaji
ハツカネズミと人間

映画 シンゴジラ

2018
テレビ朝日 相棒 元旦スペシャル「サクラ」

4/1 ボウガス LIVE@新宿motion
[379] [378] [377] [376] [375] [374] [373]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は、高円寺の劇場にて「リア」を観ました。

砂地にて何度かご一緒させていただいた田中壮太郎さん出演の舞台です。

あの、シェイクスピアのリア王を(と言っても、僕はシェイクスピアを語れる程読んでいないのですが。。)たった3人で演じていました。

物語も一度バラバラに崩されていて、それが再構築された舞台でした。
また、言葉は一語一語創作されたものではなく、翻訳(小田島雄志訳)の言葉を使っていて、まぁ、すごく斬新な舞台でした。

シェイクスピアなんていうとロックファンとしては、なんか敷居の跨ぎ難い、難しそうなものとして捉えがちですが、、この芝居は、とても感覚的で、途中ギター漫談コントもあったりして(笑)
興味の尽きない舞台でした。

俳優ってやっぱりすごいんですよね。。

改めて、言葉と身体はバラバラになるし、一緒になった時の強さや、それを使う人間のその奥にある精神性が見て取れました。


やはり、、最終的には技術とかじゃあないのかも知れない?
なんか、人として魅力がある人がきっと舞台でも魅力があるんだね。

どうやったらそんな風になれるのかな?
とにかく良かったなぁ。。

座高円寺「リア」


「リア」

出演:渡辺 美佐子
   植本 潤
   田中 壮太郎

原作:ウィリアム=シェイクスピア
翻訳:小田島 雄志(リア王より)
構成 演出:佐藤 信

5/8〜6/8 座高円寺1




















PR
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
What's new!!
忍者ブログ [PR]