忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
ピアノ 
自己紹介:
静岡市出身 明治大学卒

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371]
人生とは不思議なものだ。

街の大きなイベントがあって、私は今迄そんな事にはついぞ参加した事がないのだが、、全くひょんな事から思いっきり参加する事になった。

そして気づけば、今日は子供達にパーカッションを教える役割になっていたのだ。。

ま、私、高校の時はドラム叩いていたんで。。「恋人」と言う芝居ではジャンベ叩きましたし。。な〜んて言ったって。。
今日はしっかと、パーカッション担当のYさんに「僕これから用事なんで、申し訳ありません!大丈夫!キシダさんなら出来ますよ、じゃ!」って、譜面渡されまして。

うを〜ノリだよ!ノリ!、なんかこうさ、フィーリングでさ!。。。みたいなロックスタジオ的な事はちょっと通用しませんで、、なんたって教えますからね。

譜面観ながら「う、、こ、これはタンで、ウンで。。」

などと。
ずっ〜とやってました。

しかし、子供って本当にすなお。
ちょっと飽きるとすぐにキョロキョロするし、なんかいじり出すし、そう〜なるともうこっちも焦りますね。どうやって上手く教えるんだろ?とか、上達の早い子に合わせて教えるのか?それとも遅い子に合わせたら良いのか??とかね。。

教えるって、ま、教わる事でもあるし。大変な作業だな。。と。実感する。

よく、演劇集団S地の演出家F君に「岸田さん、ワークショップやった方が良いですよ。人を動かしたり教えるのって、俳優としても絶対役に立ちますよ。。」と言われて「いや〜だって機会がないもん」なんて答えていたのを思い出しました。
「いま、機会来てるじゃん!」と思うんですね。

しかし、人類って面白いな。

僕なんか、自分の事だけやって、後はどうなったって構わない。

俺は俺の道を生きる!
な〜んて事考えてた時期も長かった気がするんですが、めぐりめぐると、やっぱり色んな人や、次の世代の子供達とか、繋がる事になっているんですからね。

でもやっぱり、ロックにしろ芝居にしろ無人島で誰もいないパルテノン神殿みたいな空間で「うを〜」ってやっても、面白くないし、
「今日は兄貴よかったねぇ〜。いっつもかっこいいですねぇ〜」なんて全く身内しかいないところでもやりたくないし。
やっぱり色んな人に出会いたいし、作品は高尚な芸術家にだけ好かれたい訳ではなく、今生きている「生活者」に届けたい訳で。

だから、自然にそういう役割がまわって来たなら、突っ張ってないで受け入れる事にしようと思っている今日この頃です。

そうすると、色んな事に気づいて結構面白いんだな。

この歳で譜面に向かうんですよ。

ま、それも面白い!

ビバ人類!




















PR
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]