忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 ギター
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動作詞、作曲。
YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。
2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 

KAAT マハゴニー市の興亡

GROUP THEATER kamakaji
ハツカネズミと人間

映画 シンゴジラ

2018
テレビ朝日 相棒 元旦スペシャル「サクラ」

4/1 ボウガス LIVE@新宿motion
[393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [384] [383] [382]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コマーシャル撮影がありました。

中々、手応えのある難易度の高い撮影でした。

全てワンカットでの撮影なので、まるで舞台のような緊張感と共に演技しました。

しかし、僕は始まる前から何より感慨深かったのは、その撮影したスタジオが10年前に「惑星」で最期にPVを撮影した場所だった事なのです。

フジロックに出る前でしたから2004年かな。
「WHITE WESTERN BOOTS」を撮りました。当時僕は、フジロックに出演出来る嬉しさと共に、この後は俺たちはどうなるんだろう?という巨大な暗雲を全身にヒリヒリ感じていたので、自分が喜びと不安がない交ぜになった「怯え」の体になっていた事を思い出します。

しかし、、あれから10年と少し。役回りをかえて再び同じ場所に立てるとは。。と、前日から、なんか、こう言う「縁」に感謝があふれていました。

で、当日。。

やはり、難易度の高い撮影内容で僕は多くの台詞をいただいたので、ま〜緊張の連続。。
「はい、カメラ廻りました。3.2.1。。」と撮影の合図がかかるとギュッと鳥肌立つんですね。


数時間後。。

スタジオ内の籠った空気を逃すべく、休憩で一歩外に出ました。

すると。。。
あれ?10年前にここで一緒に撮影していたU社の宣伝部のTくんが居るではないんですか!!

向こうも相当びっくりしていて。。「あれ、何してんのきっしゃん!!」と。ま、何してんの?って言われても、撮影ですよね。こんなところで(笑)

僕はT君とは、当時本当に仲良くて、同郷のよしみもあり実家にも遊びに来たし、飲んだし、なんやらかんやらでしたが、最近は彼も出世して相当忙しい様子で、ここ数年ずっと会えないでいたのでした。

「久しぶり!」と。スタジオは何と2つしかない所なんですが、僕らが一つを使用しており、もう一つは偶然U社がPVを撮っていたんです。

凄い縁だな!と話したんですが。。

さらにびっくりしたのは、T君が、「今日はNさんもいるんだ!」と、言った事。
N氏。。彼は当時U社の惑星担当のA&R。
僕は惑星後期は彼とずっとにいましたし。男二人で厳冬の日光に凍った滝を観に行くという、よく分からない旅もした旧知の方です。

ま、当時とにかく。本当に世話になりましたし、迷惑もかけた存在で。。
想いが強過ぎて、バンドやめてから全く疎遠になってしまった人なのでした。

その人がいる?

なんてご縁なんでしょ!

ほぼ10年経って3人で、10年前と同じ場所で再会。
休憩時間も忘れて肩を叩き合った私達でした。

特にN氏はもうすでにU社を退社されて独立されていたので、そこにいるのも本当に偶然だったんです。

いや、本当にびっくりしたし、本当に嬉しかった。


そんな、驚きを抱え私達のコマーシャル撮影は早朝から始まり、翌朝迄続いたんです!が、なんか、僕は胸の中がギュ〜っと熱くなっていたので、疲れはあまり感じませんでした。


1人で何かすると言う事より、僕はやはり「出会い」によって人生が変わって来たし、出会いで引っぱってもらった事が多いんです。狭い日本ですが、中々偶然出会うってないし、携帯とかみてると余計ね。。

しかし、今後再会を通して何かあるかも知れません。

でも、一番びっくりするのは、再会した瞬間にその人との間に抱えていた何か少しのモヤモヤが一気にぶっ飛んでしまった事です。

「お、お久しぶりです!!みたいな。」

Nさんは「お前とはそんなに長期間会っていなかった気がしない。そんなに会ってなかったか?」と仰ってましたが。。

こういうの腐れ縁って言うんでしょうね。(笑)




























PR
Calendar
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
What's new!!
忍者ブログ [PR]