忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 ギター
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動作詞、作曲。
YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。
2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 

KAAT マハゴニー市の興亡

GROUP THEATER kamakaji
ハツカネズミと人間

映画 シンゴジラ

2018
テレビ朝日 相棒 元旦スペシャル「サクラ」

4/1 ボウガス LIVE@新宿motion
[394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [384] [383]
先日、銀座博品館劇場にて

「死の舞踏」という作品を観劇しました。
作:ストリンドベリ
上演台本:笹部 博司
演出:小林政広
出演: 仲代達矢  白石加代子  益岡徹

素晴らしかった。

リーディング形式なんですが、上記お三方が猛烈にパワフルで作品世界に引き込まれました。
すごい、エネルギーなんです。

僕は仲代さんとは家人の関係で時々ご挨拶をさせていただいており、お会いする度に直前は「あぁ、黒澤映画の仲代さんだ!」などとメッチャ緊張してガチガチなんですが、今回も舞台の出番直前に挨拶に伺ったのに、お会いすると、なんというか〜お茶目で、本当に人を包み込むような大きさで迎えて下さいます。
いつも、ぎゅっと握手して下さるんですが、その手が温かくてデカイんですよね。
やっぱり、いつまでも人が放って置かない、ものすごい魅力を携えてらっしゃる。


老齢になって行くにつれ、だんだん今迄生きて来た事、他人や自分に向けて来た「感情」が身体に出て来るといいますが、、結局ブーメランのように色々な物が自分に戻って来るんでしょね。

人を憎んで生きた人は、歳とって憎んだ顔になるし、誰かを幸せにした人は幸せな顔してるしね。舞台もまさにそんな愛憎の物語でした。。

なんか、折りに付け大きな先輩に、人に、触れて生きて行きたいな。と思う。

色んなご苦労もあるんだろうが、その風雨にさらされた幹と言うか、根幹の部分と言うか、色んな事あっても、それでも笑って幸せそうな人。

そう言うパワーが舞台にドーンと満ちていました。

まだやってます。

お時間ある方は是非、足を運んでみては?















PR
Calendar
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
What's new!!
忍者ブログ [PR]