忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
性別:
男性
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
ピアノ 
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

明治大学在学時、8ミリ映画を製作

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

映画「落秋」西本信也監督

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
スタジオ公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ
出演:紫吹 淳 岡田 浩暉 中尾ミエ 他

8/7〜8/23 東京国際フォーラム ホールC

[430] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423] [422] [421] [420]
先週、久しぶりに岡本太郎美術館に行きました。
すごく力をもらいました。
自分を追求して行く事で、他者と繋がる。やっぱりそれが人生の一つの鍵なんだと。
自分を愛して、大切にしないと他人とは深く交われないんだと太郎さんの作品を見て強く感じました。


一緒にいった息子は、大分怖がっていましたが。。

。。
私は、最近、全知全能の神様って、本当にいるんだろうか??と人知れず悩んでいます。

色んな残忍な事件を見るにつけ、聞くにつけ、殺された人、殺す人の心はこの世、あの世(があったとして、、)本当に、救われる事があるんだろうか?と考えてしまいます。

脳科学ですと、神様はいないんだそうです。
すべて脳が作った幻だと言う学者さんもいます。

しかし、そんな事が人間に判断出来るのかな?そして、神様の事を信じ生きて、死んだすべての人達はまやかしの中に人生を捧げ、生きたのかな??

最近の人間は宇宙の元素も発見し、近々宇宙も造れるんだそうです。。でも、だからなんなんだ!脳科学では神が死んだ。でも、だから、なんなんだ!
それで君は幸せなのか?
神を否定して、人は幸せになれるのか?

僕は高らかに神様がいない!と宣言する人に会ったりそんな思想を読むと、なぜが心がゾワッと寒くなります。

でも。
だからと言って、現実に起こる色んな事件や事故を感じますと、そんな人を論破できそうにもないんです。。

そんな時、太郎さんのエネルギーに触れると、神様がいる。いないに関係のない、私を探求する力に心が震えます。

探求して行く事が即ち、自分のなかの核に近づいていこうとする事、それは、つまり、自分の中に神様を求める事なんではないかな?と思うからです。

そんな人はきっと孤独ですが、孤高です。

独りでも、孤りでも、高いエネルギーです。

そんな人は悩んで迷って、生きて行きても、なんだか清々しいんです。

私も、そんな探求の旅に改めて出るのだと。

宣言する2016です。






PR
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]