忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
ピアノ 
自己紹介:
静岡市出身 明治大学卒

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401]
明日から映画の撮影なのだ。

映画を自主製作していた大学時代から考えますと、、、うわっ20年!
チョコチョコ色んな撮影には参加してますが、本格的な巨大映画(敢えてこの名前)の出演は初めてであります。
苦節、20年!って、楽しんで生きてるから苦節って事はないな。。

でも、大型映画だけあって、スタジオセットで一同に会するシーンがあるので、色んな役者さん達がどんな芝居をするのか、それを観察するのが本当に楽しみです。
俺は、その、、キョロキョロしないように気をつけよう。笑

話かわって。
昨日は、吉祥寺シアターにドラマリーディングを観に行った。

Tファクトリーの川村毅さんが主宰している。
「ドラマ・ドクター講座」

戯曲、芝居の台本なんかを書いている作家さんが、行き詰まった時に「この作品もっとどうしたら良くなりますかね?」と駆け込むお寺の和尚さんが、ドラマドクターという人らしい。

ちなみにハリウッドなんかでは、ドラマドクターで生きている人が本当にいるんだそうです。

ま、そのドラマドクター講座に参加した作家さんの3つの戯曲を俳優が実際に読んで聞かせるというリーディング会だったのだ。入場料500円!也

我らが「壮さま」事、田中壮太郎さんも俳優として出演されていて、
いや〜これがなかなか面白かった。

もちろん3作品を全部読むと膨大な時間がかかるので、抜粋をそれぞれ15分程。

その後に川村さんと、その作品の作家さんのトークが10分程あって。。

ま、それがね、ほんとに面白かった。

作家というと、作品は分かるけどご本人と言うのはあまり知られない訳で。

でもね、やっぱり。あ、この作品を書いている方なんだな。と分かっていて話を聞くと、何かね「名は体を表す」と言いますか。。

作家の人のエネルギーって言うのも凄いなぁ!と。

皆さん独特のエネルギーを持っていて、それは俳優とかミュージシャンとか割と人に見られる人のエネルギーとはまた全く違うんだよね。

なんか、こう「やってやるぞ」みたいなさ。そう言うのが見え隠れしているのを客席で見ていて本当に面白くてね。

人って面白いな!と、改めて思った次第であります。

あぁ、もう寝なきゃ!

今日は巨大な夢でも見よう!

























PR
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]