忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 ギター
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動作詞、作曲。
YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。
2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 

KAAT マハゴニー市の興亡

GROUP THEATER kamakaji
ハツカネズミと人間

映画 シンゴジラ

2018
テレビ朝日 相棒 元旦スペシャル「サクラ」

4/1 ボウガス LIVE@新宿motion
[370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360]
寒くなりました。

しかし、あの夏の暑さは忘れません。

ちょっとどころか最近気候がおかしくなっていますね。

だからこれくらい寒くなくては!って、思うとちょっと気持ち良い。
ないす冬。

僕は最近、もっぱら読書、と映画演劇鑑賞の日々です。あとライブも。

今読んでる本は「パワーか、フォースか」
という肉体と心の繋がりについての米研究者ホーキンズさんの考察の本です。
こう書くと大変難しそうですが。

身体って、心の最終言語とも言われていて、いわゆる鏡なので
落ち込んでいたりすると近しい人には「なんか変だな?」ってすぐ分かられてしまう訳ですが、まぁそんな感じを科学的に書いてある本です。ってかなり大雑把ですが。。。

知人が読んでいて、僕も読み始めたんですが、とても面白いです。

僕の舞踊の先生も、僕が踊った瞬間に色んな事、心の変化をビシッと当てるんですよね。

なんでだろ?って思っていたんですが、
身体って結構おしゃべりなんですよね(笑)

感覚が鋭い人にはバレバレ。

で、一昨日「アイウェイウェイは謝らない」という、中国のアーティストのドキュメンタリー映画を見たんですが彼(ウェイウェイ)の在り方、佇まいと言うのが自身の過激な作品や言動に逆行して非常に静謐、気高いんですよね、眼差し、姿勢、しゃべり方。。。その醸し出す空気とか。


あぁすごいなぁ〜と。
もの凄く感動してしまいまして。

どれだけ崇高な教えとか、知識とか、言葉とか、ちまたには出回っていますが。
それより人の出す気と言いますか、空気と言いますか、
結局それが一番説得されるんだな〜と。

彼を見て改めて思いました。


あ、この映画必見ですよ。
こんな人が同時代に生きていると思うとすごくワクワクしました。


なにかこう、役者やろう!がんばろう!って
仕事探し、コネクション、オーディションとかってづっと考えているとですね。
時々、あぁなんかとても自分ちっちゃいな〜って思うんですよね。

結局それでどうしたいねん?と。サングラスかけて渋谷を歩くのが夢なんか?と。

本当に一目置かれる存在感があれば、自然と使いたくなる人はいると思うんですよね。


目先の事ばっかりじゃなく、そういう所を目指さないと、
作品全体で人を「魅了」する事って出来ないんじゃないのかな〜って最近思いますね。


静寂と共に、心身共に深まる冬。

たまにはいいじゃないですか!




























PR
Calendar
03 2018/04 05
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者ブログ [PR]