忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
性別:
男性
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
ピアノ 
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

明治大学在学時、8ミリ映画を製作

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

映画「落秋」西本信也監督

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
スタジオ公演『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ
出演:紫吹 淳 岡田 浩暉 中尾ミエ 他

8/7〜8/23 東京国際フォーラム ホールC

[395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [384]
一昨日。

戸棚を整理していたら、写真が出てきて、何だろう?と見たらバンドの写真だった。

若干22歳の惑星3匹が、高円寺のカフェの屋上で、何やらこちらを不敵に睨んでいる。

若い!若竹すぎるぜ!我らの青い春だったのだ。

何だか、過ぎた年を思ってジーンとしてしまったのだ。

青春は甘く、ほろ苦く、愛しいのだ。

でも、別に今の俺が年老いて最低な訳ではなく、今が最高だと思っている。

それは、苦し紛れに言っているのではなくて、例えば、今居る場所にしっかり立って一つシューっと深呼吸すれば今が最高である事が心に染み込んで来るんだ。


数年振りに殺陣を再開した。

舞踊と違って、殺陣は常に相手と対峙して呼吸を合わせるので、身体の芯が出来上がっていないとすぐに息が上がってしまい、ぐらつく。

1人とても上手い方が居て、やっぱり見てるだけで胸が「きゅん!」とするような上手さがあり
こんな感じに身体を使えれば、特に時代劇の仕事が来なくとも、色んな場所で地に足がつくのである。

身体に息を吹き込んで、その場に立つ。

これだけで結構幸せになれるんだと言う事に気付く。


この春、まだまだ青いぜ。
























PR
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]