忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
ピアノ 
自己紹介:
静岡市出身 明治大学卒

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390]
本日は「グッバイガール」ダンス稽古でした。

と言っても、私は役柄上、運動機能上、笑!
参加していません。
とても一ヶ月ダンスやったくらいでは、お金をいただくレベルには至りません。ま、百も承知ですが!

舞台上、演技で汗をかく事はありますが、ダンサーの方のかく汗とは質と量が違う。(ま、演技の場合は冷や汗だったりね。。)だから、ドバーっと汗をかいて踊っている人を見ていると心からいいなーと、憧れてしまう今日この頃です。

演劇にしても音楽にしても、芸術と言うのは肉体の振動、バイブレーションだったりする。
その肉体の動きに心を揺さぶられて、見ている側も追体験してしまうみたいな。

ピナバウシェのドキュメンタリーを観た時にも感じたけど、皆で巨大な岩に水をかけていたり、工場街で踊って走っていたり、、その動きの躍動感だけで心が動かされるというか。。本当にドキドキワクワクするものにはあまり説明などなくてね。
説明や思考を置いてきぼりにして行く勇気とでも言いますか、そう言うものだけが必要な気もする。

私の場合は今回、演出家という役なので、言葉や身振りでの振動だったりします。

でも、何故か?
私に今年のあたま位から、直感なるものが降ってきてまして、なんか、こう、、この歳にしてどうしても踊りたい!ダンスしたい!
という気持ちがあるんです。
何故だろう?
しかし、こう言った場合は頭で自分に問うてみても何故だろうと言う事はなく、やるしかないんだよね。

だから、昨日もリッキー役の木下さんと端っこで踊ってました。

演劇は全体で魅せるものなので、稽古の最中に色んな発見があっておもしろいね。

レッツダンス、人生!




















PR
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ブログ [PR]