忍者ブログ
Profile
HN:
岸田研二 
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1974/12/19
職業:
俳優 ミュージシャン
趣味:
作曲 殺陣 ダンス
自己紹介:
静岡市出身

1996年オンシアター自由劇場「黄昏のボードビル」にて初舞台。

97年頃より、ロックバンド「惑星」のギターヴォーカルとして活動
作詞、作曲をする。

YUKIアルバム「joy」(楽曲:サイダー) 櫻井敦司(BUCK-TICK)アルバム 愛の惑星(楽曲:惑星) への楽曲提供。

ユニバーサルミュージックよりアルバムをリリース。
英国Cherry Red Recordsにてアルバムリリース。

FUJI ROCK FESTIVAL02,04出演。

2007年12月バンド解散後、再び俳優として活動。

過去出演した主な作品。

TPT
「ミステリアブッフ」「ミザントロオプ」「広い世界のほとり」
「恋人」「イェルマ」「地獄のオルフェウス」

演劇集団砂地
「ナノクライシスポルノグラフティー」「パンドラ」「Disk」

パラドックス定数
「元気で行こう、くよくよするな。では、失敬。」

田尾下哲 演出
朗読劇「ガラスの動物園」
『ベアトリーチェ・チェンチの肖像』

演劇企画体「ツツガムシ」paper plane

ミュージカル「グッバイガール」 
作:ニールサイモン
演出:マキノノゾミ

kaat マハゴニー市の興亡
作:ブレヒト
演出:白井晃

映画 シンゴジラ

[402] [401] [400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392]
本日はお休みだった為、
横浜の下町へフラリ映画を観に行きました。

舞台「ベアトリーチェ=チェンチの肖像」の茂野雅道さんが音楽を製作されている「トイレのピエタ」

死にゆく魂と、生に気付く魂が交錯する様は、ひとごととはひとことで割り切れず。

何だろうな?生に期限がある事を突き付けられて、あるいは人のそんな姿を見たりして、やっぱりハッとするというか、ま、、ビビるんでしょうね。

僕は実際ビビるな。。多分。

面白い映画でした。


俳優が其々に個性的で、特に女優の杉咲さんの握り締めて突き上げた拳のような演技とリリーフランキーさんのあの凡庸としていて、どこか凛とした透明な佇まいというか、お二人の存在は特筆すべきものでした。

しかし、つくづく俳優って不思議だな。と思う。

演技学校や、ワークショップはあまたあれど、決して習ったら良いという訳ではなく、じゃ、そんな事関係なくあくまで自然体でなんて、、そもそも自然体で演じるという事がよくわからないし

とにかく、演じるって、よくわからない。

人の魅力ってなに?

本当によくわからない。

でも、、最近一つ思うのは、よくわからない事を良くない!と、なにか無理くり理解しようとするはあまりよくない。

僕は、なるべくそのまま、放置します。。

だからよくわからん。


映画館を出まして、見上げた横浜伊勢佐木町の青空は、人の塵芥を吸い込んだような壁に囲まれ。

なぜかとてつもなく蒼くて吸い込まれそうな程、ブルースなんです。

何故だろうか?

よくわからないので、それも放置致しました。










PR
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者ブログ [PR]